アグリテック早わかり

鳥瞰

技術(テック)の進歩の速度は速く、これを時速100Km とすると制度や法律の速度は時速10kmかもしれません。今のキーワードと農業を鳥瞰してみました。

技術何をするアグリテックの例
DNA遺伝子レベルの分析、判定、編集品種改良、品種同定、病害虫同定
センサー農作物や環境の自然状態を人間が扱える信号に変える温度、湿度、土壌水分、土壌EC, 土壌pH、葉面、樹液、糖度
モバイルいつでもどこでも手のひらコンピュータと通信スマホやタブレットを使う営農、トレース
IoT物・機械を無線通信を介してインターネットに繋ぐ土壌、作物、果樹、圃場、農機具などインターネットに繋ぐ
クラウド実際にデータを処理するコンピュータがそこになく、通信網で繋がっている栽培、営農データの蓄積、分析
農業情報の発信
画像処理画像を解析して情報を取り出したり、別の画像の変換したりする土壌分析、生育状況判別、果実判定、自動収穫機、農地解析
AI人工的にコンピュータ上で人間と同様の判断・推測など知能を実現させようという営農の判断
ロボット人間に代わり自律的に農業の作業を自動的に行う機械植付ロボット、監視、収穫ロボット、営農支援ロボット、伐採ロボット
ドローン遠隔操縦や自律飛行する複数の回転翼をもつ(マルチコプター)小型無人機土壌状況、生育状況、施肥状況、農地管理、種まき、農薬散布
GPS地理的位置を把握位置家畜位置管理、農業トラクター
衛星衛星からの画像を利用土壌、生育状況、農地管理

ケーススタディ

工事中です。