Agri Tech 2018

世界の食糧生産の課題に農業技術で挑戦:アグリテック2018

☆ 最新農業関連技術の展示会“アグリテック2018”が5月8-10日、イスラエルのテルアビブで開催されました。

☆ 49ヶ国の担当相、50ヶ国からの参加者があり展示会、カンファレンス、そして農場や栽培試験場の見学ツアーと盛況でした。

☆ 世界の人口は、2050年までに24億人増え60%の食糧増産が必要となるが、耕作適地は減り40億人分の水が不足すると言われています。一方現状は、水の70%は農業に使われ、20%の農地が潅水されています。しかし大半の潅水は非効率で75%以上の水を無駄にしています。多くの国にとって水資源は当たり前でない限られた資源で、効率的な灌漑は資源の節約、経済性からも重要課題です。

☆ 基調講演と11のテーマで2日間に亘って行われたカンファレンス。

家族・小規模農業
作物被害と植物保護
グローバルプロジェクト
アフリカ
スマート農業水資源と潅水(品質)
水資源と潅水(運用・経済)
地域農業経済
土壌
乾燥地域の農業
作物

☆ 展示会場には130社以上の技術・製品展示。

☆ 50年前にドリップ式潅水技術を発明し業界最大手のNetafim社は、“世界初のブレインを持った潅水システム”と謳ったNetBeatを発表。これは栽培環境をセンサーでモニターし、その情報を分析、潅水・液肥を自動的に制御するというもの。

☆ 他社からも果樹やトマトの実の大きさをセンサーで測る、果樹の幹の樹液の流れを測る、土壌の酸素状態を測るなどの製品がありました。

☆ これからは栽培環境や作物からのデータを集めそれを分析することで、与える水と肥料の量を最適化し、農業の生産性をより向上させる「農業のビッグデータ」の時代です。

☆ 次回は2021年に開催です。